« 2005年6月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年7月の13件の記事

2005年7月29日 (金)

NHK 17年度業務別予算

nhkyosan  NHKの17年度業務別予算の円グラフ。

NHKから封筒に入って送られてきたものなので、

みなさんも目にしているとは思う。

円グラフはデータの大きい順に時計回りに並べるのが

基本だが、このグラフはバラバラ。

nhkwebg  これは、NHKのサイト内にある、同じ内容の円グラフ。

封筒で送られてきたものと、書き方が違うのも気になる。

しかし、円グラフの書き方はさらにおかしい。

12時の位置に始点が無いのは、問題外。

          これも海老沢体制か(笑)

2005年7月28日 (木)

おもいッきりテレビ アンセリン

anserin  05年7月28日放送の「おもいッきりテレビ」のグラフ改ざん。

基線がゼロではないため、正しいグラフではない。

「水泳」では、アンセリン有りの方が、2倍も長く

泳いでいるように見せかけているが、値は160秒と180秒で、20秒しか違わない。

引用は「食品産業センター」となっている。

gurutamin  同日同番組のグラフ改ざん。

これも縦軸が省略されているため、正しいグラフではない。

アジは、カツオの2倍以上ものグルタミン酸が

含まれているように見せかけているが、値は900と750なので、

アジはカツオの丁度1.2倍。悪質。

引用は「五訂食品成分表」となっている。

2005年7月27日 (水)

おもいッきりテレビ カルシウム

karusiumu  05年7月27日放送「おもいッきりテレビ」のグラフ改ざん。

縦軸が省略されているため、正しいグラフではない。

カルシウムとハチミツを同時に摂ると、

2倍以上の吸収率があるようにみせかけている。

引用は「アメリカ バデュー大学」となっている。

midori  同日同番組のグラフ改ざん。

このグラフも、縦軸が大幅に省略されており、

正しいグラフではない。

体温が1/2になったかのように見せかけている(笑)

そもそも、棒グラフは、「数量」等を表すためのものであり、

「体温の変化」には、折れ線グラフなどを使用するほうがいい。

折れ線グラフは縦軸を省略しても問題は無い。

引用は「京都工芸繊維大学」となっている。

2005年7月25日 (月)

スタジオパーク 補償金制度

hosyoukin  NHKで05年7月25日に放送した「スタジオパーク」

内のコーナーで使用された円グラフ。

MDプレーヤー等の私的録音録画補償金制度を

知っていますか?というアンケートの結果のグラフだが、

「知っている順」に時計回りに表記している。

やはり、数値の大きい順に並べるのが基本。

「まったく知らない」のデータを効果的にアピールできると思う。

鏡に写せば、正しいグラフになる。(笑)

2005年7月22日 (金)

おもいッきりテレビ ポルフィラン

taijuu  05年7月21日放送の「おもいッきりテレビ」のグラフ改ざん。

縦軸が省略されているので、正しいグラフではない。

見た目には体重が1/3に減ったように見えるが、

実際は400gから350gなので、約12%(1/10強)減っただけ。悪質。

引用は「女子栄養大学調べ」となっている。

hunmatu 同日同番組のグラフ。  

これも縦軸が省略されており、正しいグラフではない。

「微粉末」は「板海苔」の5倍以上の効果がある

ように見せかけているが、9.6が18.3なのだから、約2倍。

引用は「神戸総合医療介護福祉専門学校」となっている。

huhai  同日同番組のグラフ。

このグラフも、縦軸が省略されているため

正しいグラフではない。

「ヨーグルト+水溶性食物繊維」は、「ヨーグルト」の約1割になったように

見せかけているが、約325から約125の減なので、

約4割になったことになる。悪質。

引用は「大崎クリニック」となっている。

2005年7月18日 (月)

所さんの目がテン イワナ

iwana  05年7月16日放送、日本テレビの

「所さんの目がテン」。

私はこの番組が好きで良く見るが、おかしなデータを発見・・。

ナレーションで、「サケは70センチほどにもなる」と言っている為か、

棒グラフのようなものの右端の値が、「70」となっている。

しかし、みなさんもお気づきかとは思うが、四角いマスは6個しかなく、

「70」と表記されている位置は、明らかに「60」である。

長寿番組であることから人気番組であるとも思われるが、

このような間違いがあったのは残念。

2005年7月17日 (日)

フジテレビ ニュースジャパン

yuusei  05年7月14日放送のフジテレビ「ニュースジャパン」。

「郵政民営化法案」についての円グラフ。

内容の詳細はよくおぼえていないが(汗)、議員に

アンケートのようなものをとった結果だったかと。

 この円グラフは問題外。小学生でももっときちんとしたグラフは書ける。

まず、円グラフの始点の基本は、「12時」の位置。

このグラフではどこが始点なのかわからない。

そして、並べる順序。大きい順に並べるのが基本だが、

このグラフはバラバラ・・・。大丈夫か?フジテレビ。

2005年7月16日 (土)

テレビ東京 ニュース11

raien 05年7月13日放送のテレビ東京「ニュース11」。

オリエンタルランドの経営するアミューズメントパーク

の来園回数を円グラフにしたもの。

おそらく、少ないものから順に時計回りに並べたのだと思うが、

円グラフは大きいデータの順にならべるのが基本。

例外もあるが、この場合は大きい順に並べたほうが良いと思われる。

「オリエンタルランド調べ」と、なっている。

nyuuenchiiki  同じ番組の「入園者の地域別比率」の円グラフ。

これは正しいグラフのようだ。

原則、「その他」は最後だが、

国内の地域を主に調べているわけで、「海外」が最後に来ても

問題無いのかと。

「オリエンタルランド調べ」となっている。

2005年7月15日 (金)

おもいッきりテレビ 水溶性食物繊維

suiyousei  05年7月14日放送の「おもいッきりテレビ」のグラフ改ざん。

これは「水溶性食物繊維摂取による中性脂肪値の変化」

の棒グラフだが、縦軸の目盛に注目。

50から100までの間隔よりも、0から50までの間隔のほうが短い。

目の錯覚だろうか・・・。

実際の値よりも棒が短く(下部が省略される)なるため、実際の変化よりも

大きく見えることになる。

3週間(3週間「後」のことだとおもうが)の棒は、実験開始前の棒の

2/3(66%)くらいになったように見える。(見た目で)

しかし値は、70~75%くらいでは。

「%」を用いたが、縦軸に単位は無い。左側に「対開始前比」と

書いてあるので、おそらく「%」ではないかということで「%」を用いた。

気づいた方もおられるかもしれないが、「実験開始前」の棒は、

100%を少し超えている。単位が%だとしたら、

基準であるはずの値が100を超えるのはおかしい・・・。

引用は 「仁愛女子短期大学」 となっている。

2005年7月14日 (木)

おもいッきりテレビ コラーゲン

kansetutuu 05年7月13日放送の「おもいッきりテレビ」のグラフ改ざん。

縦軸が省略されており、正しい棒グラフになっていない。

104から62では、約40%の減だが、

グラフでは半分以上減っているように見える。

引用は 「チェコ プラハ リュウマチ研究所」となっている。

2005年7月13日 (水)

おもいッきりテレビ 改ざん6連発

sobajinzo  05年7月12日放送の「おもいッきりテレビ」の

グラフ改ざん6連発。

1つ目は「そばポリフェノールによる腎臓での毒素排泄効果」

のグラフ。縦軸が省略されている。そばポリフェノールを与えると値が半分以下になった

ように見えるが、4.69の半分は約2.35なので、半分までは減っていない。

sobapori  2つ目「そばポリフェノールの含有量」のグラフ。

これも縦軸が省略されている。25.1と、13.5なので、

秋そばは夏そばの約46%減のはずだが、あきらかに

半分以上少なく見える。夏そばの棒を見ると、値は25.1なのに、棒の高さは

27くらいまであるように見える。

sobakaori 3つ目「そばの食べ方による香り成分放出量」のグラフ。

「噛んだ」のグラフの一部が突出していたためか、省略されている。

これでは効果が小さく見えてしまうが・・・謎です。

kousanka 4つ目「抗酸化野菜のガン抑制効果」のグラフ。

縦軸が省略されている。さらに目盛の間隔も変わっている。

上部の目盛が正しいならば基線のゼロのところの

実際の値は40%。にんじんの棒が顔を出すわけが無い。1位から4位の

棒の差も大きく見せている。

逆ににんじんの棒が正しいなら、目盛の70%くらいのところが実際の100%。

1位から4位の棒は大幅に100%を超えていることになる。

sigaisen 5つ目「紫外線によるナスポリフェノールの変化」のグラフ。

縦軸が大幅に省略されている。図中に「10%増加」

と書いてあるが、棒はあきらかに1.5倍は変化している。

chouripori 6つ目「調理別ポリフェノール量」のグラフ

縦軸が省略されている。「煮物・汁物」では、

ポリフェノールが1/5になってしまうように見えるが、

600が200になったのだから、1/3。

「煮物・汁物」以外は600(おそらく100%)なので、棒グラフを使わなくても

いいのでは。「他の調理法に比べると、煮物・汁物は1/3になる」で、いいかと。

ちなみに、棒グラフは大きい順に並べるほうがきれいらしい。

2005年7月12日 (火)

おもいッきりテレビ ラズベリーケトン

keton 05年7月11日放送の「おもいッきりテレビ」の、

グラフのようなもの。

棒グラフは数量などを比較するためのものだが、比較するものが無い・・。

「体脂肪量が、1キロ減った」「ウエストが1.5センチ減った」というのを、図にしただけ。

しかも、タイトルに(6週間 女子学生24人で実験)と、書いてあるが、

だれか一人のデータなのか24人の平均なのか、1週間後の効果なのか

6週間後の効果なのか、何キロから何キロに減ったのか、

何センチから何センチになったのかさっぱりわからない。

「体脂肪」の方を正しく書くとするならば、折れ線グラフを使用する。

X軸には、1週間後、2週間後・・・6週間後と、ラベルをうつ。

Y軸には、5%くらいから、6、7、8・・・28、29、30とラベルを打つ(上方向に)

そして、プロットしていけば、体脂肪の変化がよくわかるはず。ウエストも同様。

引用は 「熊本県立大学 鈴木 公 教授」となっている。

2005年7月 8日 (金)

おもいッきりテレビ 乳酸濃度

nyusan  05年7月8日放送の「おもいッきりテレビ」の棒グラフ改ざん。

作業前と作業後の血中乳酸濃度の変化を、通常時と

マイナスイオン負荷時で、比較したもの。

縦軸が省略されており、正しいグラフになっていない。(0の1目盛上が15)

「マイナスイオン負荷時」の方を見ると、濃度が大幅に下がっている印象を受ける。

目盛を、0から6とすると作業前の18.2は、4.2。

作業後の14.5は、0.5。 4.2が0.5になったので、約88%下がっていることになる。

しかし、実際は18.2から14.5なので、約20%の減。

引用は「マイナスイオン医学会」となっている。

rehorumunyusan  これは、「レホルムジャパン」という、空気清浄気などを販売する

メーカーのサイト内にあったグラフ。

棒の並び方は違うが、数値は「おもいッきりテレビ」のものと同じ。

「おもいッきりテレビ」ほどひどくはないが、これも、縦軸が省略されており、

正しいグラフではない。(0のすぐ上が10)

青い棒がマイナスイオンの値だが、見た目で4割減というところか。

しかし実際は、前述の通り、約20%(2割)減。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年9月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック