« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の6件の記事

2006年2月22日 (水)

NHKニュース10 ラージヒル

largehill  06年2月20日にNHKで放送された

ニュース10。その中で使用された棒グラフ。

恐らく、棒グラフの下部を省略してあり、

正しいグラフではない。

日本の410ポイントと、ノルウェーの477.4ポイントの

の棒の長さが、2倍くらいあるのはおかしい。

差は約67ポイント。日本の値を67ポイントとすると、

省略されているのは約350ポイント。

基線(ゼロの部分)とされているところは、約350ポイントになる。

大幅にグラフの下部を省略しており、悪質。

しかし日本を低く見せかけるのになんの意味が

あるのかわからない・・・。

フィンランドとの差をわかりやすくするためか?

2006年2月21日 (火)

イチオシ! 不眠

humin  06年2月20日に北海道テレビ(テレ朝系)で

放送された「イチオシ!」という情報番組内で

使用された円グラフ。

値の大きい順ではなく、項目順に並んでいる。

しかし、番組では「不眠を感じたことがない」を赤色にし、

「不眠を感じたことがある」が、約80%あることをアピールしたいのだろう。

だとしたらやはり、ラベルを「ある」と「ない」とし、

それぞれ78%・22%としたほうがいいのではないか。

引用は「エスエス製薬 不眠白書」となっている。

hakush-01  これはその、エスエス製薬のもの。

もとは帯グラフであった。帯グラフは値の大きい順に

並べるのが正解かどうかはわからない・・・。

帯グラフの目的は円グラフと同様だが、

円グラフより優れているのは、他のグラフとの差を比較しやすいこと。

2006年2月20日 (月)

いまどき!ごはん ごはんナビ

tansuikabutu  06年2月20日にテレビ朝日で放送された

「いまどき!ごはん」の中のコーナー「ごはんナビ」で

使用された折れ線グラフ。

縦軸の省略線があり、その下の値が0になっている。

折れ線グラフはゼロから始める必要はないし、

実際には200くらいの位置にゼロを書くと、誤解を招く。

引用は「厚生労働省 国民栄養調査結果」となっている。

2006年2月10日 (金)

おもいッきりテレビ さつまいも

satsumaimo  06年2月7日に日本テレビで放送された

「おもいッきりテレビ」。その中で使用されたグラフ。

縦軸が省略されていて正しいグラフではない。

引用は「女子栄養大学」となっている。

2006年2月 9日 (木)

報道ステーション 所得格差

syotokukakusa  06年2月6日にテレ朝で放送された、

「報道ステーション」内で使用されたグラフ。

左下のデータに、ラベルも数値も記載されていない。

計算すると数値は18%。恐らくラベルは「その他」「わからない」などだろう。

また、数値の大きい順に並べられていない。

数値が大きくても、「その他」は最後に表記するのが基本。

2006年2月 8日 (水)

ご近所の底力 成婚率

seikonritsu  06年2月2日にNHKで放送された、

「ご近所の底力」内で、使用されたグラフ(?)。

棒の長さは、8と61を比べたものではない。

「妙案の町」の値を低く(全国を高く)見せかけている。

「妙案の町」の成婚率を高く見せかけるならわかるが

低くみせかけるのになんの意味があるのか・・・。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック