« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年9月の6件の記事

2006年9月15日 (金)

NHK 時論公論

Kinrikisei  06年9月14日にNHKで放送された、「時論公論」。

その中で使用された層グラフ?。

縦軸の数値を表示していないが、

各元金の値から推測するに、

省略され、正しい値のグラフになっていないと思われる。

20%と15%で半分くらい差があるため、基線は恐らく10%。

なぜ省略したがるんだろうか。理解できない・・・。

10%くらい、見やすさ変わらないと思うが。

2006年9月14日 (木)

経済羅針盤 食酢

Syokusu  06年9月10日にNHKで放送された「経済羅針盤」。

その中で使用された「家庭用食酢の売上」グラフ。

縦軸が省略され、正しい値のグラフになっていない。

1目盛が100。300の下には、200、100、0が、隠れており、

表示されている部分以上が隠れていることになる。

5年で400億が550億になったのだが、急成長したかのような

印象を受ける。

Syokusu0 グラフ表示前のアニメーション。

ポリゴン使って、カッコイイこと。

でもその前にやることやろうよ。

2006年9月 7日 (木)

WBS 携帯通販の市場

Tuuhan  06年9月4日に放送された、ワールドビジネスサテライト。

その中で使用された折れ線グラフ。

縦軸には、4000億円とだけ表示されている。

05年が4000億円なのはわかるが、他の年はいくらなのかわからない。

少なくとも、もう一つ数値を表示しなければならない。

折れ線グラフは基線をゼロにする必要は無いので、

02年は3000億円かもしれないし、1000億円かもしれない。

はたまた、全然違う値かもしれない。

ちなみに、書式もちょっと変。「億円」等の単位は、1番上に1ヶ所だけ書くのが基本。

1000・2000・3000・4000・(億円)

こんな感じかな。数字が大きいので単位を「百億円」にして、

20・25・30・35・40・(百億円) とかでもいいのかもしれない。

横軸も、03年と04年書こうね。なぜ、見る人に気をつかわす。

出典は 「総務省調べ」 となっている。

2006年9月 6日 (水)

WBS コンビニの現状

Konbini  06年8月30日に放送されたワールドビジネスサテライト。

そのなかで使用されたグラフ。

基線がゼロではないため正しい値の棒グラフ

になっていない。

1目盛が500店舗なので、大幅な省略。

なぜ、きちんと目盛をとらないのでしょうか・・・。

棒の高さに変化をつけさせたいのでしょうか。

まあ、1000店舗しか差が無いから、これなら、折れ線でもいいかも?

出典は、「日本フランチャイズチェーン協会」となっている。

2006年9月 5日 (火)

WBS コア消費支出価格デフレータ

Sisyutukakaku  06年8月17日に放送されたワールドビジネスサテライト。

その中で使用されたグラフ。

基線がゼロではない。

1目盛が0.5ポイントなので、大幅に省略されているのがわかる。

パーセンテージの推移は、折れ線グラフを使用したほうがいい。

2006年9月 4日 (月)

WBS 設備稼働率

Kadouritu  06年8月17日放送のワールドビジネスサテライト。

その中で使用されたグラフ。

稼働率の縦軸の基線がゼロではない。

上が81%、下が78%と、3ポイントしか差が無い。

大幅に改ざんされており悪質。折れ線グラフを使用すべき。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック