« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の6件の記事

2007年10月25日 (木)

真相報道バンキシャ!子供写真館

Syasinkan 07年10月7日に日本テレビ系で放送された、

「真相報道バンキシャ!」。

その中で使用された「子供写真館の数」の棒グラフ。

縦軸に波線が入っており、1目盛は100(店舗)なのに、

200の下はゼロになっている。正しい値のグラフではない。

06年は、96年の約4倍だが、見た目は6倍以上に見える。

写真館の数が急激に増えたような印象を受ける。

出典は「Photo Market調べ」となっている。

2007年10月21日 (日)

TBS イブニングニュース 運動能力

Sinchou  07年10月7日にTBSで放送された、

「イブニングニュース」。

そのなかで使用された子どもの「運動能力」の棒グラフ。

身長のグラフの方は、基線がゼロではなく、140(cm)のため

正しい値のグラフになっていない。

男子の20年前の143.6cmと、女子2006年の147.0cmの差が、

3倍もあるかのような(笑)比較する事ができない

変なグラフになっている。

「体重」の基線はゼロとなっているが、

すぐ上の目盛が30(kg)となっており、1目盛は30のはずだが、

2目盛目は、だいぶ幅を空けて、60ではなく、40となっている。

これは基線がゼロではないことを示している。

基線は25(kg)くらいか。よって正しい値のグラフではない。

さらに、目盛の数値もおかしい。男子20年前は37kgだが、

異常に40kgの目盛に近い。他の棒の値も同様。

どうやら目盛の「40」の位置が下にきてしまっているようだ。

上部にうっすらと40の目盛り線が見える。

50msou  さらに「50m走」と「ソフトボール投げ」のグラフ。

50m走のグラフは基線がゼロではない。

しかも、目盛が逆転している。

男子20年前8.74秒は、男子2006年8.89秒より長い棒になっているが、

何を言いたいのかまったく解らない。

強いて言えば、「10秒までの残り時間」だろうか(笑)

さらに、女子の20年前の9.04秒。

目盛を見ると8.5と9.0の間にあり、まったく合っていない。。

女子2006年の9.22秒も同様。8.5と9.0の間にあり、合っていない。

これらは男子20年前とほぼ同じ位置にある事が解る。

恐らく、男子の棒を、コピーしただけではないかと想像できる。

そもそも前述のようにグラフ自体が間違っているが・・・。

出典は「文部科学省調べ」となっている。

※一部内容を修正しました。

2007年10月 8日 (月)

おもいッきりイイテレビ グレープフルーツ

Hikaondo  07年10月1日に日本テレビ系で放送された、

「おもいッきりイイ!!テレビ」。

その中で使用された、

「香りによる背中皮下温度の変化」のグラフ。

基線がゼロではなく36.5℃位になっており、正しい値のグラフではない。

温度の変化は、折れ線グラフを使用するのが一般的。

グレープフルーツの方は、0.5℃しか変化は無いが、

2割位変化があったような印象を受ける。

また、1目盛が0.25℃というのは間違いではないが

不自然な気がする。

水の方は0.25℃以下の変化しかないから

仕方ないのかもしれないが。

出典は「大阪大学名誉教授 永井克也博士」 となっている。

2007年10月 5日 (金)

NHK経済羅針盤 郵便貯金

Chokin_2  07年9月30日にNHKで放送された「経済羅針盤」。

その中で使用された、「郵便貯金残高」のグラフ。

縦の目盛の150兆円の下に波線が入っており、

その下が100兆円ではなく、ゼロになっている。

グラフのほぼ下半分が省略されている悪質なグラフ。

公平な競争をするのに、残高を減らすのがいいらしいが、

急激に半分くらい減ったかのような印象を受ける。

実際は50兆円くらいであり、1/5。

また、予測が折れ線グラフになっている。

グラフの使い方がまったくわかっていないようだ。

今後の推移なので折れ線グラフで問題はないが、

最初に量の棒グラフを使用したのだから、予測も棒グラフで

したほうがいい気がする。(グラフ自体間違っているが)

もしかしたら、棒グラフが間違っている事に気がついたのか?

あと、予測部分の「年度」の幅が広すぎる。

一定の幅にするのが基本なのに・・。

なぜ適当な事をしだすのか理解できない。

受信料つかいこむわけだ。

2007年10月 4日 (木)

NHK経済羅針盤 サムスン

Samusun 07年9月9日にNHKで放送された「経済羅針盤」。

その中で使用された、

「(電機メーカーの)売上高と最終損益」のグラフ。

左の目盛が売上高とおもわれるが、6(兆円)の下に波線があり、

その下は5ではなくゼロになっている。

グラフの下半分が省略されている悪質なグラフ。

東芝(7兆円)は、サムスン(11兆円)の

1/3の売上しかないような印象を与える。

最終損益の基線は、きちんとゼロになっている。

2007年10月 1日 (月)

NHK経済羅針盤 トヨタ

Toyotahanbai  07年9月2日にNHKで放送された「経済羅針盤」。

その中で使用されたグラフ。

解説員も、「波線が入っているが、実際は(GMの)1/3だ」

と言っています。(1978年のトヨタを見て)

わかっているなら、最初から正しいグラフを書いて欲しい。

基線はゼロではなく、500(万台)。

グラフの下半分を省略している悪質なグラフ。

トヨタが10倍も20倍も販売台数を増やしたかのような印象をあたえる。

実際は2倍弱。それでもすごい事なのだろうが。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック