« 2008年4月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の9件の記事

2008年8月31日 (日)

キャッシング オリオン

Orion  投函されていた、

「キャッシング オリオン」のチラシ。

20%と15%の差が大きく見える。基線はゼロではないようだ。

2008年8月30日 (土)

キャッシングのイーオン 

Iion  投函されていた、

「キャッシングのイーオン」のチラシ。

「当社おまとめローン」の52,846円/月の棒の長さが、

「他社」のA社の47,612円/月の棒の長さより短い。

2008年8月29日 (金)

USEN Bフレッツ料金

Usenflets 08年4月ころに投函された、USENのチラシ。

縦軸が表示されていないが、

基線は恐らくゼロではない。

ADSLの5,103円と、Yahoo!BBの6,193円の差が、

1.5倍ほどにも見えるからだ。

基線がゼロではないため、

3,937円の棒の長さよりも、差額の2,256円の棒の長さの方が長い。

Bフレッツのおトク感を出したいためか。

違法な広告ではないだろうか。

Usenhikari

同じチラシのひかり電話の棒グラフ。

こちらは、料金は1/3になっているのにも関わらず、

棒の長さはなぜか半分ほどしか減っていない。

なにがしたいのかわからない・・・。

2008年8月28日 (木)

テレビ東京 カンブリア宮殿 医療費

Nihoniryouhi  08年8月18日にテレビ東京系で放送された、

「カンブリア宮殿」。

その中で使用された、「日本の医療費」のグラフ。

縦軸の0と25(兆円)の間に、波線が入っており、

25より下が大幅に省略されている。

07年度の値が、97年度の値の2倍くらいあるように見える。

出典は「厚労省調べ」となっている。

Kokuminiryouhi

左は、厚生労働省のサイトにある、

エクセルデータから持ってきたもの。

正しいグラフである。

2008年8月27日 (水)

ジャパネットタカタ クリーナー

Cleaner  08年7月5日に日本テレビ系の一部で放送された、

テレビショッピングの「ジャパネットタカタ」。

その中で使用された、

「クリーナーを購入する時のポイント」のグラフ。

棒の根元付近に波線がある。

省略されているのだろうかと、

パーセンテージを見ると・・・。

妥当だ。(笑)

横軸が表示されていないので詳しくはわからないが、

最上部の75.7%は、最下部の51.9%の

1.5倍くらいの長さの棒になっているようだ。

波線はいったいなんなのか・・・。

出典は「東芝コンシューママーケティング株式会社調べ」となっている。

2008年8月26日 (火)

NHK 経済羅針盤 ホームセキュリティ

Securitykensuu  08年5月18日にNHKで放送された、

「経済羅針盤」。その中で使用された、

「ホームセキュリティーの契約件数」のグラフ。

縦軸の5(万件)と0の間が省略されており、

正しい値のグラフになっていない。

ナレーションでは「5年前の2倍以上」と言っており、

実際の数値も確かにそうなのだが、

棒の長さの見た目は4倍以上もあるように見える。

ゼロの位置は実際には約4(万件)で、

その下部が大幅に省略されており、悪質。

2008年8月25日 (月)

NHK 経済羅針盤 CO2排出量

Euhaisyuturyou  08年4月27日にNHKで放送された、

「経済羅針盤」。その中で使用された、

「EU25カ国のCO2排出量」の棒グラフ。

下部が大幅に省略されており、正しい値のグラフになっていない。

「割り当て総枠」は23(億トン)。3目盛下は20(億トン)

1目盛は1(億トン)ということがわかる。

基線はゼロではなく、約16(億トン)くらいか。

出典は「フォルティス銀行推計」となっている。

2008年8月24日 (日)

NHK 経済羅針盤 メタボ用下着

Metabohenka 08年4月6日にNHKで放送された、

「経済羅針盤」。

新開発のメタボ用下着の実験を行っていた。

その中で使用された、「実験による変化」のグラフ。

グラフが波線で大幅に省略されており、正しい値のグラフではない。

体重・体脂肪・腹囲とも、大幅に減少したかのような印象を受ける。

体重は1%しか減っていないのに、30%も減ったかのような印象をうける。

悪質というか、まったく棒グラフを理解していないようだ。

この場合は、折れ線グラフのほうが良い。

2008年8月23日 (土)

テレビ東京 株式ワイド マンション動向

Mansyondoukou 08年4月2日にテレビ東京系で放送された、

「株式ワイド」。その中で使用された、

「首都圏のマンション動向」のグラフ。

縦軸を見ると基線がゼロではなく、2(万件)となっており、

正しい値のグラフではない。

出典は「不動産経済研究所調べ」となっている。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年9月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック