« 日本テレビ ヒルナンデス サイゼリア | トップページ | 日テレ バカなフリして聞いてみた 弁護士人口 »

2013年1月13日 (日)

札幌テレビ ジョシスタ スイーツ 

2013年1月11日に札幌テレビ(日テレ系)で放送された、「ジョシスタ」。

その中でスイーツを紹介していたが、「たとえ」(キャッチコピー?)が

あまりにも変だったので気になった。

グラフではないが取り上げた。

Photo_2

「宝石」はよくたとえに使われるので変ではない。

ナレーションで

「カラフルな見た目は、女子にはたまらない一品。

 それはまるで、スイーツ界の宝石」と言っている。

「それはまるで宝石のようだ」ならいいのだが、

「スイーツ界」となっているから変。

Photo_3

「雪のように白く、口の中でふわっととけるチーズケーキ。

 それはまるで、スイーツ界の雪景色」と言っている。

「スイーツ界の雪景色」って日本語がおかしいと思う。

普通に、「見た目は雪景色のようだ」などでいいのではないかなと。

Photo_4

「40年以上変わらぬフワフワ食感。それはまるで、親から子へ受け継ぎたい味」

「スイーツ界の・・」となっているから変。この菓子舗のことでしょう??

Photo_5

「カラメルをゼリーにして上へ。プリンと一緒に食べると新食感。

 それはまさにスイーツ界のプリン革命」

スイーツ界にプリン革命を起こしたのだから、間違いではないのだけど、

このキャッチコピーの流れだと、

「スイーツ界の・・・」と言うからには、他の業界にたとえないといけないのでは。

「プリン」と言ってしまっている。

「スイーツ界の革命児」「プリンの異端児」とかではないかな。なんかちがうな・・。

Photo_6

「どこか美しさを感じてしまうその見た目はまさに、スイーツ界の貴公子」

かなりナレーターの主観が入っているようだが、変ではないか。

Photo_7

「くるみの香ばしさとメープルがどこか懐かしい気持ちにしてくれる。

 それはまるで、スイーツ界の子守唄」

ケーキを子守唄にたとえるのはなにか違和感がある。

Photo_9

「別に添えられたチョコナッツプレートとクランベリーがオシャレ。

 それはまさにスイーツ界のブティック」

他の業界にたとえるべきとは言ったけど、、。

Photo_10

「ほおばった瞬間 虜になってしまう。それはまさにスイーツ界の恋する魔法」

他の業界での、「恋する魔法」ってなんだろう・・・。

Photo_11

「フランボワーズのソースがどこか甘酸っぱい気持ちにさせてくれる。

 それはまるでスイーツ界の初恋の味」

フランボワーズとは、ラズベリーのことらしい。

甘酸っぱいのはソースの味ではなく、気持ちのようだ。

また、「味」と言ってしまっているのはなんか変・・。

味を含めた特徴をキャッチコピーにするのではないかな・・・。

全部にいえるのは、「スイーツ界の・・・」といっているからには、

他の業界に置き換えてわかりやすくしなければならないのに、

なっていないこと。

グルメリポーターの彦麿呂は、マグロのシッポの切り口を見て、

「魚界のバウムクーヘンや~♪」

などと言う。

« 日本テレビ ヒルナンデス サイゼリア | トップページ | 日テレ バカなフリして聞いてみた 弁護士人口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115972/56534684

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌テレビ ジョシスタ スイーツ :

« 日本テレビ ヒルナンデス サイゼリア | トップページ | 日テレ バカなフリして聞いてみた 弁護士人口 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック